京都の興信所

浮気調査・不倫調査

探偵事務所興信所のチェース京都 浮気調査 信用調査 行方調査 盗聴器発見 企業信用調査 各種データ調査

HOME浮気調査・不倫調査>浮気の証拠を見つけたとき

浮気調査・不倫調査

浮気の証拠を見つけたとき

浮気調査には調査をするタイミングが非常に重要です。
機会を逸してしまうと、調査をしても全く証拠が出てこないということになります。
人間の心情として、浮気の可能性レベルの証拠を見つけてしまったとき、パートナーを問い詰めてしまうことは仕方ないのかもしれません。
しかし、その行為が決定的な証拠を握るチャンスを逃してしまう可能性を上げてしまっているのです。

パートナーに不審な行動が見えたとき。貴方がすべきことは情報収集です。
調査を始めるにあたり、貴方がどれだけの情報を掴んでおけるか、それが調査の成功率のアップ・費用軽減に繋がります。まずは下記の項目をチェックしてみましょう。

浮気調査相談室

浮気・不倫調査事前チェック

  • 不審な行動の日(帰りが遅い・朝帰りする)の日時・曜日を事前に控えを取る。
  • パートナーの携帯電話のやりとりを見ることが出来る状態ならば、相手の番号などを控え、メール送受信は写真を撮るなどして証拠を残す。
  • 誕生日やクリスマスなどのイベント前後、予定を入れている様子があればスケジュールを確認する。
  • パートナーの財布その他から不審なレシートなどが出てきたら、証拠として押さえておく。
  • 可能であれば、携帯電話の通話記録を入手する。
  • 趣味や習い事をしている場合には、参加スケジュールも押さえておく。

浮気の証拠が複数回必要とされる理由

あなたが調査を依頼し、100%不貞行為に及んだであろう証拠を握ったとします。
しかし、この証拠をパートナー、浮気相手に突きつけたところで、あなたが望む対応をしてくれるとは限りません。人は窮地に追い込まれると、想像も出来ない言い訳をしてくることは十分考えられることです。
不貞を認めず、裁判まで進んでしまったとして、1回の不貞行為の証拠で100%認められると言い切れないことも残念ながら実情です。
過去の判例で、「不貞行為に及んだのは、一時の気の迷い、常時続いていた関係ではない」とされたこともあります。
長期にわたり続いていたはずの不倫関係を証明出来るだけの証拠が集められなかった。いざという時に不貞行為の証拠が足りないなんてことになっても手遅れとなってしまいます。
当社が提案するのは「3回程度の不貞行為の証拠収集」です。どのような状況でもあなたが優位に進められるようにご提案しています。

浮気調査のあとにも、様々な問題があります

浮気調査、不貞行為調査、不倫調査には、調査の結果だけではなく、その後にも様々な問題があります。

※慰謝料請求・離婚調停・離婚裁判など、離婚に関する法律についてはこちらをご覧下さい。

年金分割制度が制定されるなど、今後ますます熟年離婚は増えると言われています。
当社では、優秀な弁護士の紹介、様々なアドバイスも含め、貴方の抱える問題を解決までトータルにサポート致します。

※年金分割精度など熟年離婚に関する情報はこちらをご覧下さい。

浮気調査・依頼者様の声

ケース01 「車内の秘密」(相談者:42歳女性)
結婚して5年目。最近はマンネリでも倦怠期とも…
ケース02 「手帳に記された暗号」(相談者:28歳女性)
結婚一年目、旦那さんはIT企業を経営する社長…
ケース03 「同窓会」(相談者:47歳男性)
子供に恵まれなかった私達夫婦は、結婚して25年…
ケース04 「出会い系サイト依存症」(相談者:26歳女性)
夫は片時も携帯電話を手放しません…
ケース05 「携帯がロックされた日」(相談者:31歳男性)
妻との出会いは社内恋愛でした…
ケース06 「今週、妻が浮気します」(相談者:48歳男性)
夫婦共有のパソコンのインターネットのアクセス…
ケース07 「ある日届いた意外なもの」(相談者:45歳女性)
結婚して20年、夫の経営する会社も安定し…


フリーダイヤル0120-588-287

E-mailによるご相談・お問合せはこちら

このページの先頭へ

  • 浮気調査相談室
  • 探偵トラブル相談
  • よくある質問
  • 浮気調査相談室
関連リンク

探偵業務関連行政機関
国民生活センター公式ホームページ
探偵事務所興信所チェース京都は、公安員会届済みの正規探偵事務所興信所です

 

探偵事務所興信所チェース京都・取扱調査項目一覧

探偵事務所興信所チェース京都・全国ネットワーク

関西各地域の探偵興信所リンク

探偵事務所興信所チェース京都:公安委員会届出済(探偵業届出証明番号 第61080024号)
Copyright (C) 2008 CHASE-KYOTO. All Rights Reserved.