京都の興信所

トピックス

探偵事務所興信所のチェース京都 浮気調査 信用調査 行方調査 盗聴器発見 企業信用調査 各種データ調査

HOMEトピックス一覧>トピックス「盗聴器の販売台数年間30万台超」

トピックス

盗聴器の販売台数年間30万台超

盗聴・盗撮被害イメージ画像盗聴器の販売台数は、年々増加の傾向にあり、ある統計によると「年間に30万台を超える」言われています。(これは、毎日約900個の盗聴器・盗撮カメラが販売され、約1.5分に1個新規に設置されている計算になります。)

盗聴器販売台数増加の理由として…
1.インターネットの普及等により通信販売で一般の人でも購入が容易になった。
2.盗聴器の販売や購入行為が法的な規制を受けないので罪悪感を感じることが少ない。
3.販売価格の下落により5,000円前後から購入できるので興味半分でも気軽に購入できる。
4.小型化、性能の向上により設置が容易になったため、いたずら気分の購入が増えた。

などの理由が挙げられます。

つまり、誰もが罪の意識が薄いままに「盗聴の加害者」になり、誰もが「自分は大丈夫だ」と思っている間に「盗聴の被害者」になってしまう時代だといえるのです。

盗聴マニアの数は200万人! あなたは本当に大丈夫だと言い切れますか?

盗聴マニアと呼ばれる者達は、「相手は誰でもいい、とにかく他人のプライバシーを覗き見したい」といった理不尽な理由だけで盗聴・盗撮を繰り返し、盗聴や盗撮によって手に入れた「他人のプライバシー」をマニア同士で交換したり、インターネットや雑誌などに公表してしまい、一つの電波に何人もの「盗聴者」が存在するような事態も起こっています。

例えば、盗聴などは一般的に「電波」によって音声や映像を送信して行われます。
ところが、これらの送信に使われる電波の周波数には共通性があり、一台の盗聴器から発せられる電波でも、一定の周波数にフォーカスする受信機の数が多ければ「プライバシーの漏洩」の危険性も高くなり、多くの盗聴者に個人的な情報を知られることになるのです。


もしかして盗聴されているかも・・・
と、気が付いた時には既に多くの情報が漏れているのかもしれません。
盗聴・盗撮被害のご相談は探偵興信所チェース京都・チェース大阪へご相談下さい。
ご相談は無料で対応しております。

盗聴・盗撮被害相談ダイヤル 0120-588-287

盗聴・盗撮被害

←トピックス一覧ページへ

フリーダイヤル0120-588-287

E-mailによるご相談・お問合せはこちら

このページの先頭へ

  • 浮気調査相談室
  • 探偵トラブル相談
  • よくある質問
  • 浮気調査相談室
関連リンク

探偵業務関連行政機関
国民生活センター公式ホームページ
探偵事務所興信所チェース京都は、公安員会届済みの正規探偵事務所興信所です

 

探偵事務所興信所チェース京都・取扱調査項目一覧

探偵事務所興信所チェース京都・全国ネットワーク

関西各地域の探偵興信所リンク

探偵事務所興信所チェース京都:公安委員会届出済(探偵業届出証明番号 第61080024号)
Copyright (C) 2008 CHASE-KYOTO. All Rights Reserved.