京都の興信所

トピックス

探偵事務所興信所のチェース京都 浮気調査 信用調査 行方調査 盗聴器発見 企業信用調査 各種データ調査

HOMEトピックス一覧>トピックス「不貞・不倫の代償」

トピックス

不貞・不倫の代償

浮気調査イメージ画像婚外子の相続差別は違憲 大阪高裁決定「家族観が変化」

 結婚していない男女の子(婚外子=非嫡出〈ひちゃくしゅつ〉子)の相続分を、結婚している夫婦間の子(嫡出子)の半分とする民法の規定をめぐり、大阪高裁が「法の下の平等」などを定めた憲法に違反するとして、婚外子に同等の相続を認める決定をしていたことがわかった。

 最高裁は1995年、婚外子をめぐる相続差別規定を「合憲」と判断。弁護団は「高裁でこの規定をめぐる違憲判断が出たのは95年以降、初めて」としている。

 決定は8月24日付。嫡出子ら相手側は特別抗告せず確定している。

 違憲判断が出たのは、08年末に亡くなった大阪府の男性の遺産分割をめぐる裁判。婚外子1人と嫡出子3人の配分が争点となった。大阪家裁は民法の規定を合憲として相続分を決定、婚外子側が抗告していた。

 決定理由で赤西芳文裁判長は、95年の最高裁決定以後、家族生活や親子関係の実態は変化し、国民の意識も多様化していると指摘した。さらに、外国人の母と日本人の父との間に生まれた後に父から認知されても、両親が結婚していないことを理由に日本国籍を認めない当時の国籍法は、憲法の「法の下の平等」に反すると判断した08年6月の最高裁判決にも触れた。その上で、相続が開始した08年末時点で婚外子と嫡出子の区別を放置することは、立法の裁量の限界を超えていると結論づけた。

asahi.com(朝日新聞社)http://www.asahi.com/national/update/1004/TKY201110030626.htmlより引用


軽い気持ちで始まった浮気も不倫相手が妊娠してしまうなど深刻な問題となってしまうことがあります。
弊社にご相談頂く方でも「もう愛は冷めたから夫が誰と遊ぼうが気にしないんだけど・・・」とおっしゃる方がおられます。
しかし、パートナーの浮気は単に夫婦間だけの問題では無く、上記のように相手の妊娠や出産などになった場合、お子さんやお孫さんにも影響を与えてしまうことにもなりかねません。

「なにかおかしい」
そう感じたら躊躇せず事実を確認し問題が大きくならないうちに解決を図るべきだと考えます。

探偵興信所チェース京都・チェース大阪では「3時間:5万円」からの浮気調査を実施しています。
不安や不信を感じたらできるだけ早めにご相談下さい。
ご相談は匿名・完全無料で対応していますのでご相談専用フリーダイヤル0120-588-287までご連絡下さい。



浮気・不倫調査

浮気調査相談室

←トピックス一覧ページへ

フリーダイヤル0120-588-287

E-mailによるご相談・お問合せはこちら

このページの先頭へ

  • 浮気調査相談室
  • 探偵トラブル相談
  • よくある質問
  • 浮気調査相談室
関連リンク

探偵業務関連行政機関
国民生活センター公式ホームページ
探偵事務所興信所チェース京都は、公安員会届済みの正規探偵事務所興信所です

 

探偵事務所興信所チェース京都・取扱調査項目一覧

探偵事務所興信所チェース京都・全国ネットワーク

関西各地域の探偵興信所リンク

探偵事務所興信所チェース京都:公安委員会届出済(探偵業届出証明番号 第61080024号)
Copyright (C) 2008 CHASE-KYOTO. All Rights Reserved.