京都の興信所

トピックス

探偵事務所興信所のチェース京都 浮気調査 信用調査 行方調査 盗聴器発見 企業信用調査 各種データ調査

HOMEトピックス一覧>トピックス「離婚後の生活を考える」

トピックス

離婚後の生活を考える

浮気調査・不倫調査イメージ写真慰謝料は離婚して請求すれば必ずもらえる訳ではありません。離婚の原因がDV(暴力)や不貞(浮気、不倫)などの加害者と被害者の立場が明確な場合には別ですが、加害者と被害者が明確に判断しにくい場合(性格の不一致や、家庭内の不和)には、双方に責任があるとして慰謝料が認められない事もあります。

また、配偶者とその不貞(浮気、不倫)相手が原因で、結婚生活が破綻してしまい、離婚にいたった場合には、配偶者とその不貞(浮気、不倫)相手の双方に、慰謝料を請求することができます。しかし、戸籍上の夫婦であっても不貞の事実の前に、既に他の原因により結婚生活が破綻していたと認められる場合には、第3者の不貞相手には責任はないというのが過去の判例では原則となっています。

上記のように、パートナーの不貞が原因で離婚をお考えの場合、「相手の不貞が原因で離婚に至った」「相手の不貞の証拠が有る」ということが、離婚後の生活を支える「慰謝料」に大きな影響を与えることになります。

自分自身では「相手の不貞が原因」と思っていても、既に心の離れたパートーナーにしてみれば、少しでも自己の負担を少なくしようと考え、「離婚原因は他に有り、不貞の事実も無い」と言い張ることも想像がつくことですし、事実そのような事例も多く見受けられます。

離婚後、新たな生活をスタートさせる上で「慰謝料」「財産分与」は非常に重要な要素で、これらの交渉で少しでも有利に進めようと思えば、「相手の不貞の決定的な証拠を得る」ことが必要なのです。

探偵興信所チェース大阪・チェース京都では、数多くの依頼に応えてきた実績に裏づけされた確かな調査力で「浮気・不貞の確実な証拠」を押さえます。

決定的な破綻の前に、探偵興信所チェース大阪・チェース京都にご相談下さい。

浮気・不倫調査

←トピックス一覧ページへ

フリーダイヤル0120-588-287

E-mailによるご相談・お問合せはこちら

このページの先頭へ

  • 浮気調査相談室
  • 探偵トラブル相談
  • よくある質問
  • 浮気調査相談室
関連リンク

探偵業務関連行政機関
国民生活センター公式ホームページ
探偵事務所興信所チェース京都は、公安員会届済みの正規探偵事務所興信所です

 

探偵事務所興信所チェース京都・取扱調査項目一覧

探偵事務所興信所チェース京都・全国ネットワーク

関西各地域の探偵興信所リンク

探偵事務所興信所チェース京都:公安委員会届出済(探偵業届出証明番号 第61080024号)
Copyright (C) 2008 CHASE-KYOTO. All Rights Reserved.